葬儀と納骨

悲しみのペット葬儀

ペット葬儀と納骨について

ペット葬儀も最近はペット専門の葬儀社で執り行ったり、寺院によっては人間と同じようにお葬式を執り行ったりする場合もあります。
お葬式以降の法要の方法は、これといって決まりはありませんが、一般的には仏教の化儀にのっとった形式で行われる場合が多いです。
納骨に関しては、専門のお墓に埋葬したり、納骨堂に埋葬したりします。
お墓の場合も個別に埋葬する場合と合同で埋葬する場合とあります。
納骨堂の場合だとタイプやサイズで値段が様々であり、実際に利用する際には詳しく説明を受ける必要があります。
また、最近では自宅で供養する人も増えてきています。
特に都会ではその傾向が強いです。
自宅用のペット祭壇を家に安置し、骨壷・写真立てを置く事で可能となります。
骨壷や写真立ても様々種類があります。
場所がない人のために粉骨し、ミニ骨壷も準備する事も最近では可能です。
自宅の環境や予算を考えてどのような方法を選ぶか考える必要があります。

ペット葬儀会社では納骨もしてくれる

ペットを飼っている家庭はたくさんあります。
特に犬や猫は気軽に飼えるペットとしてとても人気があります。
その大事なペットが亡くなった時には業者に依頼をしてペット葬儀をしてもらう必要があります。
最近ではそれを行ってくれる業者も多く、親切丁寧に対応してくれるので何かあった時にはとても助かります。
そのような業者ではペットの葬儀を行うのは当然のこととして納骨までしてくれます。
最近ではペット霊園もたくさんあるので、そういった霊園と提携している業者も多いのです。
そのためペット葬儀だけでなく、葬儀をした後にはそれを納骨して安置する場所まで用意されているのです。
そのような場所にはいつ行っても良い場合が多いので、都合の良い日にペットのお参りをすることができるのです。
ペット葬儀については様々なプランが用意されているので、気に入ったプランから選ぶことが出来ます。
また納骨の場所についても色々なプランが用意されていますので、その中から選べるようになっています。
このように業者に依頼すると、殆ど全てのことを行ってくれるのです。

recommend

最終更新日:2017/3/2

COPYRIGHT(C) 悲しみのペット葬儀 ALL RIGHT RESERVED