火葬の種類

悲しみのペット葬儀

ペット葬儀や火葬の種類は多く、飼い主が自由に選ぶ事が出来ます

ペットは家族の一員だと考え、葬儀もきちんと行ってあげたいという人が増えてきています。
ペット葬儀を専門にとり行う業者も増え、サービス内容も充実してきています。
葬儀の種類も様々ありますが、それは火葬も同じです。
比較的値段が安いのは、他の家族のペットと行う場合で、合同で埋葬、納骨が行われます。
そして、家族は立ち会わず業者に火葬をお願いする場合は、お骨上げには立ち会えませんが希望によっては返骨が可能です。
これらの方法は安価で良いというメリットがありますが、後々トラブルが起こることもあるので信頼できる業者を見つけて行う必要があります。
もちろん、お別れから納骨まで立ち会えるものもあります。
完全に個別制ですのでペットとゆっくりお別れでき、人間の葬儀とほとんど変わりません。
さらに最近では訪問火葬車を利用するケースも増えてきています。
遺骨はペット専用の霊園や納骨施設などに納骨することができるなど、飼い主のニーズに合わせて多様化してきています。

火葬が中心となるペット葬儀

可愛いペットが亡くなってしまった時に、人間同様にしっかり弔ってあげたいと考える方が増えてきました。
仲の良かった方、近所の方など多くの方に愛された子であった場合は、飼い主さんにとってもそれだけペット葬儀への関心も高いことでしょう。
お別れの儀式だけではなく、亡骸をどのようにしていくかという事も考えなくてはなりません。
自宅の庭が広く、そのまま十分遺体を埋めることができるという方以外は、基本的には火葬にすることになります。
ごみとして燃やされるのがかわいそうという考え方も広まってきて、ペット葬儀業者による火葬サービスも増えてきました。
業者に持ち込んでお骨にしてもらう形だけではなく、出張という形で、専用車両を利用して自宅などで火葬を行うこともできるようになってきています。
ペットが無くなることはあまり考えたくないものですが、ある程度の年齢になったら徐々にこうした先々のことも考えていくべきだといえるでしょう。

check

成人式の前撮りなら
http://www.seijinshiki-maedori.jp/

2017/3/30 更新

COPYRIGHT(C) 悲しみのペット葬儀 ALL RIGHT RESERVED