ペット葬儀について

悲しみのペット葬儀

大事な家族は最期までしっかりと見送りたい!ペット葬儀の今

大事な家族の一員として過ごしてきた大切なペットのために、最期まで精一杯のことをしてあげたいと思う飼い主さんは多いのではないでしょうか。
そのような想いを持っている人たちに利用されているのが、ペット葬儀です。
人間の葬儀場を利用できないペットたちのために、ペット専用の施設や設備などを備え、大切なペットとの別れを思い残すことのないように行うことができるサービスになっています。
各会社によってサービスの内容に違いはありますが、基本的には、亡くなったペットのお迎えから、火葬、納骨まで行うところが一般的です。
また、無理なく行うことができるように、料金に合わせて、個別の火葬と合同火葬の2つのタイプから選択可能なところも多くあります。
さらに、最期の最期まで見守っていたいという飼い主さん向けに家族が立会いをすることができるサービスや、人間と同じスタイルで見送りたいという飼い主さん向けとして僧侶の読経を行うことができるサービスもあります。
さまざまな動物が家族として迎えられていることを受け、ペット葬儀を行える対象となる動物も、犬や猫のみならず、ハムスターなどの小動物や、鳥、亀などの爬虫類など、幅広い対応をしているところもあります。
動物を愛する人たちにとって、いまやペット葬儀は、なくてなならない儀式の一つと言えるのではないでしょうか。

ペット葬儀を行う際は依頼先の葬儀方法をシッカリ確認しましょう

ペットを飼う人にとってペットは単なる所有物ではなく立派な家族の一員です。
そんな大切なペットが亡くなった際には多くの買い主が大きな喪失感を感じます。
時には長い間落ち込んだ状態が続くペットロス症候群に襲われる人もいます。
近年ペット葬儀を行う人が増えているのは、葬儀を行うことによって心に区切りと慰めを得ることが出来て、心に負った痛手を和らげる効果があるからなのです。
但しペット葬儀を実行しようとする場合、幾つかの注意点に気を付けなければなりません。
例えば葬儀を行う動物の種類です。
ペットの代表的な動物と言えば犬や猫ですが、それ以外にもウサギやハムスター、小鳥など様々な動物がペットとして飼われています。
都会でペットとして飼われている殆どの小動物は買い主の自主的判断で葬儀を行っても構いませんが、時には田舎などで飼っている大型の動物、牛や馬、豚や山羊などは自治体の長の許可を得ている特定の施設でしか火葬や埋葬は出来ないことになっています。
またペット葬儀を業者に依頼する場合は業者によって葬儀方法が異なっているケースが少なくないので事前にシッカリ確認しておきましょう。
火葬炉が移動式の業者もあれば固定炉を施設に設置している業者もあります。
ペット供養のための霊園やお堂などの慰霊施設を所有している業者もあれば、自宅での供養を積極的に推奨している業者もあります。
自分の考えと感性に合った業者を選びましょう。

COPYRIGHT(C) 悲しみのペット葬儀 ALL RIGHT RESERVED